読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままにロードバイク生活な日記

ロードバイクだけでなく、ギターや車など、多趣味なもんでいろいろ思いついたことを書き溜めていきます。

徒然なるままに「逃げ恥」第10話の解説 その2

その1の続きです。

kyo-metal.hatenablog.com

 

平匡とみくり、それぞれの立場で補足すると以下の通りです。

 


平匡は、みくりのおかげでプロ独身男の闇を克服できて、普通の男に成長していると私は思っています。

f:id:KYO-METAL:20161216003358j:plain

同時期に立ちはだかったリストラを人生の危機として捉え、「大好きなみくりと一緒に末永くいたいから、そのためにも中途半端な契約を公的な契約にして、責任を背負い、夫婦として支え合っていく為に正式に結婚を申し出よう、それが誠意だ」と、沼田さんや日野さんからの話を聞いて思い直したから、再就職先を探すよりもまずはみくりへのプロポーズ準備に必死に注力しています。

なので、平匡の結婚の動機は本当に純粋なみくりへの愛情なのに、みくりへのプロポーズ時に、きっかけはリストラだと言ってしまいました。みくりはリストラ=給料を払えない状況になったことだと受け取りましたが、平匡としては、リストラはただのきっかけにすぎません。更に「僕の事好きじゃないの?」で、愛を盾にしている=愛情の搾取と誤解を拗らせてしまいました。

↑の思いをそのまま言えば良かったのに、平匡にとっての、みくりの価値、つまり二人で過ごす意味を言葉でちゃんと伝えないからすれ違いが生まれた、ということです。また、夫婦になるにあたって経済面など話し合いが必要なところを、第1話と同様に論理的に勝手に決めて提示しちゃったのは、平匡らしくはあるけど、ここはそうじゃないよねっていう(^^;

よって、プロポーズに踏み切るくらい確実に成長はしてるんだけど、まだ言葉が足りないあたりが平匡の未熟なとこ、と生暖かい目で見ましょう。なので、平匡に「最初からぜんぜん成長してないじゃん」と幻滅するのは酷です。

 

 

 

 

一方のみくりは平匡との恋愛モード真っ最中なので、合理的とかそういう観点では結婚を考えていなかったので、平匡の論理的なプレゼンはヤブヘビになりました。

f:id:KYO-METAL:20161216003701j:plain

そもそも、みくりは1話からずっと「愛情的にも社会的にも認めてもらいたい」欲求を拗らせてるままです。恋愛でも歴代彼氏に認めてもらえず、仕事も就活失敗&派遣切りでのショックを引きずっていたけど、平匡に出会って一時的に満たされているだけ。

実は自尊感情が低くて、認めてもらえない恐怖症は平匡以上だと思います。

みくりは、そんな闇状態のままということを忘れてはいけません。8~10話で男として大きく成長した平匡と異なり、この点はまだみくりが成長してないのがミソです。

(だってみくりがこの物語の主人公なんだから、自分が脚本家ならその描写は最終回までとっておくでしょ)

 

10話での餃子のシーンで、大好きな人に認めてもらって、仕事としても受け入れてくれてるから、結婚という形式にとらわれなくても平匡となら続けていきたいと語っていた通り、いわゆる、契約結婚という「逃げ」の状態で満足していることになります。

それなのに、平匡から正式に結婚しましょう、家事は結婚したら対価を払わなくてよくなるし、便利だしお得だよねと言われた(という風に聞えてしまった)ことで、自分の働きは実は認められていないんじゃ・・・と一気に不安になってしまったのが断固拒否のきっかけです。

 

一部の人は、みくりは守銭奴すぎるとか脚本への批判もありましたが、これまでを振り返えればそんなんじゃないことは一目瞭然です。自分の価値を認められたならその働きに対して正当な対価を得るべきだ、という信念を持っているだけで、逆に言えば何の働きもないのに金銭だけ恵まれる事には忸怩たる思いがある(1話冒頭で百合ちゃんに5000円貰った時のセリフが「ラッキー」 でなく「情けない」であること)ことからも、お金にうるさいわけではありません。

そして、決してヒスったわけでもないです。本来、穏やかで我慢強いのはみくりのほう。今までみくりがどれだけ痩せ我慢して自尊感情の低い男に寄り添ってくれてたのか、「好きだと言われなくてもこれで十分」なんて何度自分に言い聞かせてきたのか、拒絶されて逃げられても何度迎え入れてくれたことか、よく見直してみましょう。

愛情の搾取だと断固反対宣言したのは、ずっとみくりの抱えている疑問(このドラマのテーマ)に、闇状態が悪影響して増強され、小賢しさプラス商店街の件とリンクしてついえぐい表現になっただけで、決してみくりに幻滅するポイントじゃないと私は思います。最終話予告で一度言ったことは取り消せない。。。と後悔してる風でしたしね。

 

 

 

これらを踏まえた上で、最終回への期待です。

f:id:KYO-METAL:20161216005626j:plain

みくりがまだ闇の中にいることを平匡が気付いて、今度は自分がみくりを救う!と奮起して、みくりの価値観に寄り添い、二人で前向きに乗り越える展開になることを祈るばかりです。そして、みくりは、平匡と一緒にいることが自分が活躍できる道なのだと自信を持って前を向いてほしい。

 

ここまで来て、別の道を~とかパート2に引っ張るとか絶対ありえないっ!最後は幸せなイチャコラドラマで終わってください!!>TBS

徒然なるままに「逃げ恥」第10話の解説 その1

f:id:KYO-METAL:20161215233400j:plain

みくりと平匡の可愛さにやられているKYO-METALですw

久々の更新はドラマネタにします(唐突)

 

回を重ねるごとに視聴率が上がるという稀有なドラマですが、それも納得のいくような細やかな作りと秀逸な脚本、何よりもガッキーが可愛すぎるため、私のように中毒患者が増えているのもうなずけます。

 

で、13日に放送された第10話のラストで、みくりが平匡のプロポーズ(というかプレゼンw)に対し、断固反対を宣言するという衝撃的な終わり方でした。

girlsvip-matome.com

詳細は↑のまとめサイトを見てもらえればわかりますw

 

だもんで、2チャンのスレでも激論が交わされ、スレの勢いがすさまじい日が続いています(^^;とても追いつけない速さで・・・

ただ、中には、平匡に対してもみくりに対しても、幻滅しただの脚本酷いだの最終回はもう見ないだの批判的な意見があったので、いやそうじゃないよ、というポイントをまとめておきたいと思います。(自分の備忘録的な意味も含め)

 

f:id:KYO-METAL:20161215235834j:plain

10話の大まかな流れは以下の通りです。

 

9話のラストで、恋愛すれ違いは想いを伝えあうことで解決したけど、人生の価値観のすれ違いはまだ未解決のまま、この10話のプロポーズの場面を迎えます。

 

1)みくりは、女性としても社会的にも自分の価値を認めてもらえないという過去のトラウマを抱えている(10話時点でも解消されていない)

2)平匡だけは、みくりの価値を認めた。家事労働の対価として給料を発生させ、みくりも平匡との今の関係(契約結婚&実際に恋愛関係)に満足していた。

3)そんな中、平匡から突然のプロポーズ。もちろん平匡となら嬉しいと思った瞬間、籍をいれればその対価を払う必要がなくなる(貯金などに回せる)から合理的と提案 

4)(え、わたしの価値はなんなの?)と戸惑い、なぜ結婚しようと思ったのか平匡に助け船を出す

5)平匡はリストラされたからと返答、好きなら無償で家事できるよねと要求(したように聞こえた)。

6)それは愛情の搾取(※)であって断固拒否します!宣言。

 

こう書いちゃうと完全に平匡が悪いようですが(たしかに説明の仕方が悪いw)、ここが最終回で解決しなければならない、第1話からのこのドラマのメインテーマ「主婦の家事労働に対する対価とは何?」です。イチャコララブコメに見えますが、実は現代社会にドストレートな問題提起をかます見事なドラマだと思います。

 

 

f:id:KYO-METAL:20161216000310j:plain

※愛情の搾取とは

いろんなサイトのコメ欄等で、愛情の搾取という言葉を使ったみくりを、守銭奴のように受け取っている人がいるので、言葉の定義を再確認しましょう。

 

・夫が愛情を理由に、本来なら金銭が発生する労働力を妻に強要する行為が「愛情の搾取」
・妻が愛情を理由に、本来なら金銭が発生する労働を夫に無償で提供するのは「愛情」

つまり、妻側から「無償で家事やるね」って言うのは愛情だけど、夫側から「無償で家事やってね、やるのが当然よね、愛してるなら出来るよね」って押しつけるのは搾取である、ということ。

 

今回の平匡のプロポーズ中の提案は、見事に搾取になります(平匡本人は気づいてないけど)。

この認識のすれ違いが原因で拗れてしまいました。

 

次回、平匡とみくりのそれぞれの立場から考察したいと思います。

徒然なるままにロードバイクdeジャンパー膝 (膝蓋靭帯炎)のお話

・・・タイトルとおり膝を痛めました(ぉ

 

ロードバイク乗ってる人は、大体の人が一度は膝を痛めると思いますが、私も例外ではなくその一人になりました。

ここ最近、峠を走ることが多くなって、ついオーバーワークしてしまったようで、先日整形外科にかかってきました。

 

 

(経緯)
ヒルクライム後、右膝のお皿の直下(少し窪んでるあたり)が痛み、ペダルを踏み込む瞬間(クランクが2時の位置)だけズキっと鈍痛がすると共に、なんだか力が入らない感じで気持ち悪い感覚でした。右足は引き足だけで家まで戻りました(^^;

 

2週間ほど休養したのち、再度ライドしたときに、平地を10km走らない内にまた右膝が痛み出したので、諦めて整形外科へかかりました。

 


(診断)
レントゲンも撮ってもらって、いろいろ痛みの原因を探してもらった結果、膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝)との診断でした。

腰痛オンライン 膝蓋靭帯炎(しつがいじんたいえん)<ジャンパー膝>


ま、よくある一般的なやつです。

 


(原因)
いわゆるオーバーワーク。
太もも前の筋肉(大腿四頭筋)に自分の筋力以上の負荷をかけてしまい、膝蓋靱帯を痛めたのが原因とのことです。バレーボールとかやる選手に多いそうです。

 

ここから先は医師から言われたことではありませんが、大腿四頭筋を使いすぎたということは、踏み込むペダリングを多用しすぎ=坂道でトルクのかけすぎと推定されます。・・・坂はインナーローで回してたんですけどね(苦笑)

あとは引き足がいまいち使えてないということもあるかもしれません。

 

ということは、考えられる原因は以下の3つ。

  • その坂を登るにはそもそもレベルが足りない(筋力不足)
  • 筋力に比べ体重が重すぎ(悲しいかな事実・・・
  • ポジションが適正でない可能性

 

 

(対策)
医師からは、ストレッチと筋力アップを言われました。

あとしばらくはオーバーワークを避けること。

 

これらを総合して、やるべきことがまとめられます。

 

1)大腿四頭筋のストレッチを毎日行う

  →「大腿四頭筋 ストレッチ」でググってください(手抜き

 

2)筋力トレーニングを無理なく毎日行う
  →「大腿四頭筋 トレーニング」でグg(ry

 

3)痩せる
  →「ダイエtt(ry

 

4)ポジションが適正かどうか見直す。
  →次回書きます。

 

5)リアスプロケを超乙女ギアにする。
  →現状すでに12-27Tを入れてるので、12-30Tくらいにする。

 

とりあえず、5)はすぐにお金で解決できるのでやるとしてw、4)はネット上でいろいろ調べてみる必要があったので、次回まとめようと思います。

 

 


P.S.

ちなみに、いろんなブログ等でまとめられていますが、膝の痛みの場所で大まかに分けると、以下のとおりのようです。

それぞれ対処法が異なりますので、ご自身の状態がどれなのか確認されてください。

 

膝の前 ・・・ 膝蓋靱帯炎(ジャンパー膝) ←これが私の症状

膝の後 ・・・ ハムストリング筋腱炎

膝の外側・・・ 腸脛靱帯炎

膝の内側・・・ 鵞足(がそく)炎

 

※こんな記事を書いておいてなんですが、ネットでの情報だけで間違った診断をして手遅れになる前に、痛みや違和感を感じたらまずは整形外科に行って診てもらいましょう。当ブログでは責任を負えませんのであしからず。。

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。