読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままにロードバイク生活な日記

ロードバイクだけでなく、ギターや車など、多趣味なもんでいろいろ思いついたことを書き溜めていきます。

徒然なるままにオススメのサイクリングロードのお話:黒川温泉~大観峰のやまなみ周遊ヒルクライムコース

全国的にも有名な黒川温泉。

たくさんの観光客で賑わいますが、ただ泊まるだけでは勿体無い!

素敵な景色のヒルクライムコースが楽しめますので、ぜひロードを積載していきましょう♪

大観峰 黒川温泉 ヒルクライム ロードバイク

 

今回は、黒川温泉(後述のとおり個人的にオススメの宿泊は白川温泉です)から、大観峰までぐるっと周遊するコースを紹介します。
距離は大したことないですが、どちら周りでも登りが厳しいので頑張ってください。

個人的には時計回りがオススメ(最後の登り以外)です。

 

大観峰 黒川温泉 ヒルクライム ロードバイク

 

①距離:46km

 

②累積標高:900m

 

③舗装:よい(一部、熊本地震の影響で陥落してる箇所もあり)

大観峰から小国町へ下る212号線の、小国町に近づいたところにあるトンネル内は意外とガタガタしてます。急に暗くなる上に速度も出てるので要注意!

大観峰 黒川温泉 ヒルクライム ロードバイク

 

 


④景色・観光:最高。

瀬の本高原大観峰までのやまなみ&ミルクロードは日本有数の素晴らしい景色だと思います。自分の脚で登ったという達成感が、大観峰の雄大な景色をより素晴らしいものにしてくれるはずです。そして疲れた体を温泉で癒しましょう。

 大観峰 黒川温泉 ヒルクライム ロードバイク

 

 

⑤休憩場所:やまなみハイウェイ沿いに何箇所か食事処やカフェあり。

一方で、ミルクロードにはいると全くないのでスタミナ切れには要注意。

大観峰ではレストランがなくなっていました(H28.8時点)

大観峰から小国町へ10kmほど下ると、蕎麦街道があって食事処も沢山あります。

大観峰 黒川温泉 ヒルクライム ロードバイク

 

 


⑥グルメ:オススメは、瀬の本高原「八菜家」 (地元野菜を使った料理が美味)

小国町の吾亦紅 (蕎麦もそばがゆもそばがきも絶品!)

同じく小国町の茶のこ(パフェが疲れた体に染みますw)

あと、補給食として大観峰いきなり団子も素晴らしいですw

 

 


⑦特記事項:
上図のように、黒川温泉(青丸印)付近から時計回りに周るコースをオススメします。(延々とヒルクライムをしたい方は逆回りもいいかもですが(^^;)

 

最初の黒川温泉から瀬の本高原までの登り(5kmくらい)が割りとしんどいですが、スタート直後なのでまだ元気もあるしきっと大丈夫。瀬の下高原でソフトクリームでも食べて一息つきましょう。そこからはやまなみハイウェイを徐々に下って行きます。


ミルクロードへ右折してからは、大観峰まで徐々に登り始めます。何箇所か勾配のきついポイントがありますが、インナーローを使えば足をつくほどではないはずです(多分)。登りきったら大観峰でゆっくり景色を楽しみながら休憩しましょう。

 

その後、小国町へはひたすら下りです。気をつけてブレーキをかけないと、平気で60km/hオーバー(速度違反)です(^^;カーブもあり、車も結構通っていますし、トンネルもありますので、余裕をもったダウンヒルを楽しみましょう。小国町で蕎麦などを食べて、最後の登りのために休憩しましょう。

 

あとは、ひたすら黒川温泉まで442号を登りです・・・疲れもあってここがしんどい。。。おまけに休憩する店舗も少ないので、スタミナ切れには要注意です。

※白川温泉に宿泊の場合は、442号沿いのYショップとかいうコンビニを過ぎた直後から右折して、小田温泉郷を通り抜けるほうが緩やかなので随分楽です。

大観峰 黒川温泉 ヒルクライム ロードバイク

 

 

⑧オマケ:最後に、黒川温泉はどこも良い宿ですが、人気のせいかお値段が上がっていますし、なかなか予約がとりづらいです。。。

ということで、個人的には白川温泉の「華匠庵」をおすすめします。黒川からは少し離れてこじんまりとしていますが、その分おもてなしや心遣いが素敵です。ロードを積載していっても温かく迎えてくれます(笑)

もし黒川の温泉街に行きたければロードで走っていけばすぐですしね。

大観峰 黒川温泉 ヒルクライム ロードバイク 華匠庵

お湯は正直黒川よりもずっと良くて、硫黄の香りがよくします。無料の貸切家族風呂もいいですね。何と言っても夕飯の水炊きが絶品!福岡市内で食べるとこれだけで5~6千円/人はするくらいの美味しさです。それでいて安いっ!

のんびり、ゆっくりしたい方はぜひ。

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。