徒然なるままにFUJIのロードバイク乗りのブログ

FUJIのロードバイク弄りを中心に、親子でのサイクルイベント参加など、ロードバイクやその他いろいろな趣味や思いついたことを書き溜めていきます。※アドブロック機能をONでご覧ください。広告が邪魔です。

景色が最高な米の山展望台へ、初ヒルクライム

f:id:KYO-METAL:20190708141331j:plain

福岡東区と篠栗町が一望できる夜景スポットでも有名な米の山展望台へ初めて登ってみました。

景色は抜群です!

  

①距離:7.1km

f:id:KYO-METAL:20190708134354p:plain

距離は猫峠とほぼ同じで7kmです。

 


②累積標高:480m

f:id:KYO-METAL:20190708141600j:plain

①の図のとおり、2/3くらいまでは7%前後の、そこそこな坂です。皿倉山よりは傾斜が緩い気がするので、そこまでは初心者でも問題なく登れると思います。

 

が、大変なのは後半1/3から。↑の図で大きくヘアピンカーブを曲がってから斜度がきつく(オレンジ色)になって、最後に真っ赤になっていると思いますが、ここからが舗装がアスファルト⇒コンクリートに切り替わります。そこから先は12~3%の箇所があったり、最後の最後で18%オーバーもありますので、立ちごけ要注意です。

f:id:KYO-METAL:20190708145610j:plain

 ↑最後の急斜面。危うく立ちごけするところだったので、歩きながら撮りました。ここまで登ってくるのにすでに脚が疲れてるというのに、ラスボスすぎるでしょ・・・

なお、最後の200mくらいは平均15%くらいです。。心して登るように。。

 


③舗装:前半2/3までは良。後半1/3は酷(汗

f:id:KYO-METAL:20190708142241j:plain

上述したとおり、後半1/3は酷いです。。

がたがたのコンクリート路面だけならまだしも、↑写真のように、結構な幅の溝がいくつもあります。甘く見るとパンク、悪ければ落車につながる溝を意識しながら、勾配のきつくなった後半戦なので、なかなかの難易度かと。

 

溝も直線の箇所での設置だけならまだしも、コーナー途中でも平気に設置されており(山水を流すために当然なんですけどね・・・)、進路に対して斜めに溝が切ってあるので、ちょっとでも進入角度が浅いと、簡単に落車すると思います。なので、勾配きつくてヒィヒィいってる最中、わざわざ溝に対して直角に入るように気を付けるのが結構大変です。

 

さらにしんどいのが下り!

急勾配で速度が出がちですが、コンクリ路面のがたがたや、天敵の溝を考慮すると15km/h以上出すのは結構危険です。ずっとブレーキレバーを引いてないといけません。カーボンホイールだと無理なんじゃ。。。女性や子供は握力要注意ですね。

 


④景色・観光:景色最高!

f:id:KYO-METAL:20190708145534j:plain

そんなこんなで、最後の区間が大変ですが、それでも登った先にはこんな素晴らしい景色が!(ちょっとガスってたのが残念ですが・・・)

 

もう少し標高が高い分、皿倉山からの景色もいいですが、やはり自分の住んでる街を見渡せるのはなんかいいです。よく走りに行く志賀島も見えますし、先日走った鳴渕ダムも見渡せます。

f:id:KYO-METAL:20190708150251j:plain

寝っ転がって涼みながら休むといいですね。

 

※ここの草の上に空き缶やらプリンのカップやらゴミが散乱してました(怒

 ゴミは持ち帰りましょう!!

つ「どうとくのうた」by打首獄門同好会 https://amzn.to/2JlUUfz

 


⑤休憩場所:頂上以外なし(汗 

⑥グルメ:

道中に看板の出ていたお蕎麦屋さんがあるようです。

私は早朝に上ったので寄っていませんが、なかなか美味しい様子。てか昼ごはん時だとこのお蕎麦屋さん目当ての車で渋滞になるとか。。。ロード乗りとしては何としても避けたい時間帯ですね(^^;

tabelog.com

 

この他はとりあえず山を降りないと話になりません。。

篠栗方面なら、↓のうどん屋豆腐屋が個人的にはおすすめです。

tabelog.com

 

tabelog.com

あとは、有名なハンバーガー屋さんですね。予約してないと結構待ちます(^^;

tabelog.com

 

 


⑦特記事項:

f:id:KYO-METAL:20190708153824p:plain

Google地図を見てると、篠栗八木山峠の麓あたりまで道がつづいているように見えますが、通行止め(というか立ち入り禁止&未舗装路)で、篠栗方面には抜けられませんので、行きも帰りもカブトの森公園のあたりから登って下りるしかありません。徒歩での登山道は別にあるのかもしれませんが。

 

f:id:KYO-METAL:20190708150805j:plain

 

latlonglab.yahoo.co.jp

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=aa9d31f1b3d3316cfd78bd255bd60065

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。