徒然なるままにロードバイク生活な日記

ロードバイクを中心に、ギターや車など、いろいろな趣味や思いついたことを書き溜めていきます。

徒然なるままにFUJI バラクーダRを6700&6800ミックスのアルテグラコンポにしたお話③

kyo-metal.hatenablog.com

先月、↑の記事でアルテにアップデートしましたが、FDが6700で動きが重いのと、RDが28Tまでしか対応していない旧タイプだったので、パーツを新調しました。無駄な出費が・・・

 

FDが6800

 

 

RDが6700A-G-SS

 

です。

 


これで、うちのバラクーダRのコンポは以下のようになりました。

ST6700 FD6800 ミックス バラクーダR

 

シフター    :ST-6700
Fディレーラー  :FD-6800
クランクセット :FC-6800
Rディレーラー  :RD-6700A-G-SS(テンションプーリーはKCNC製のセラミックに換装済)
ブレーキ(前後):BR-6700

 

2chアルテグラスレ等では、FD-6800はST-6700では引けない(調整できずにチェーンが擦れる)とありましたが、私の環境では問題なく変速しています。チェーンリングが6800で揃っているからかもしれません。

 

もちろん、インナー(34T)×トップ(12T)だとかすかにシャリシャリしますが、そもそも使わないのでOKです。

 

ただ、逆にアウター(50T)×ロー(30T)はたまに使うので(ぇ、アジャストボルトを締めてインナー寄りになるようにして、アウター×ローで擦れないように調整しています。(※正しい調整方法ではありません)

一方、そういう正しくない調整をしているため、アウター(50T)×トップ(12T)では少し擦れます。アウター×トップなんて、下りで飛ばすとき以外はほぼ踏むことがないので犠牲にしました(貧脚乙

 

操作感についてですが、FD-6800のおかげで操作が一瞬で軽くなりました。あと見た目もカッコいいですよね。

ST6700 FD6800 ミックス バラクーダR

 


RD-6700A-G-SSは元から対応品なので、全く問題なく変速しています。

ST6700 FD6800 ミックス バラクーダR

セラミックベアリングのテンションプーリーのおかげか、以前より軽さを感じます。30Tがあるおかげで、先日の脊振山も登れましたので、万々歳です。

見た目的にも、コンポがグレーで統一になってかっこよくなりました。

 

ブレーキも6800のほうが評判良いですが、6700でも全く不満なく止まってくれるので、私はこのままで使い続けようと思います。

 

 

 

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。