徒然なるままにロードバイク生活な日記

ロードバイクを中心に、ギターや車など、いろいろな趣味や思いついたことを書き溜めていきます。

徒然なるままにFUJI バラクーダRをアルテグラコンポ&ホイールをRS80にアップデートしたお話②

前回の続きです。

kyo-metal.hatenablog.com

 

こんな感じの1台に組みあがりました。

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系

 

 

 

入れ替えた6700系コンポのインプレです。全て4700系との比較になります。

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系
まず、シフターですが、ごつくなりました(^^;手が大きい自分にはST-6700はちょうどいいですが、女性は厳しいかも。。。5mmのスペーサー(アジャストブロック)を買おうかどうか迷い中です。

ただ、操作感はカッチリですし、アウターの取り回しがしやすく(ブレーキが内側、シフトが外側)なりました。なによりアルテの文字がカコイイっ。

 

 

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系
一番違いが大きいのはクランク・チェーンリングのFC-6800ですね。
これは軽いっ!そして剛性感半端ない。
FC-4700に比べ若干Qファクターが狭まった(メーカー公表値では-3.3mmとわずかの違いのようですが違和感は感じました)のは気になりますが、ぐいぐい踏んでいけます。
踏んだ分だけ進む感じです。

少々高くても、クランクはアルテ以上をオススメですね。

 

ただ、FDについてはセットの6700を付けましたが、正直、新設計のFD-4700の方が変速が軽かったです。。(´・ω・`)当然カチッと変速はするんですが、操作の軽さは重要かと。。いずれFD-6800に変えようかな・・・

 

 

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系
ブレーキもかなり効きます。もともと、BR-4700にはアルテのシューを付けてましたが、比較にならないくらいに効きます。コントロール性能はまだダウンヒルを走ってないので何ともですが、オススメです。

全体的に黒っぽすぎる1台の中で、このシルバーがいいアクセントになったと思います。

 

 

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系
RDについては、セットのものは最大28Tまでしか対応していない旧タイプの6700です。変速は問題なく決まるんですが、近々、新タイプのRD-6700-A-G-SS(最大30T対応)に換えようと思います。だって30Tがないと激坂登れないんだもの(ぉ 
なんとか調整して30Tでも一応変速はしますが、30Tに入れるとシャリシャリ音がします。。。

 

⇒後日追記

f:id:KYO-METAL:20171020135013j:plain

RD-6700-A-G-SSに交換しました。すっごい変速サクサク決まります。

調整した時間返して(ぉ

 

 

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系 WH-RS80

ホイールは従来のWH-6800とWH-RS80-A-C24との比較です。

軽さは100g程度しか変わらないのに、出足で軽快さを感じます。(タイヤ・チューブは流用したのでホイールだけの差です)。剛性感でいうと、初心者向け&コンフォートといわれる6800より、RS80の方が固いと思います。そもそもバラクーダRはフレームがかなり硬いので、6800の柔らかさ(=クセのなさ)さが心地よかったのですが・・・
RS80にして長距離を走ったときにどうなるか、後日インプレしたいと思います。とりあえず、ヒルクライムで軽さが効いてくれることを願うばかりです(切実)

ただ、見た目は地味ですw

 


個人的には、趣味のロード乗りとしては、アルテが至上(Duraはレース機材)だと思っているので、バラクーダRはこれで完成かなという感じです。弄る喜びがなくなってしまった(´・ω・`)

6800とかR8000とかで11速に手を出すときは、きっと車体も買い替えでしょう。

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。