徒然なるままにロードバイク生活な日記

ロードバイクを中心に、ギターや車など、いろいろな趣味や思いついたことを書き溜めていきます。

徒然なるままに140cmから乗れるロードSCOTT SPEEDSTAR SS サイズ4XSで初走行のお話

いつものホームコースを子供と一緒に走ってみました。

f:id:KYO-METAL:20170614171554j:plain

以前の24インチ時代との比較です。
気温や体調などの諸条件は異なりますが、大体下記のような感想で間違いないと思います。

 

 

○子供の主観的な違い

・乗り心地がいい
アルミフォークからカーボンになったのと、サドルの形状もあってソフトな乗り心地になったんだと思います。

 

・巡航が楽
一漕ぎでかなり進むし、脚をとめても速度が落ちないのが楽とのこと。24→700Cなので当然ですが、大部分はホイールのおかげでしょうね。
鉄下駄なRS010からアルテあたりに変えたらもっと楽になるでしょうが、それはもっと乗りこなしてからのご褒美ということでw

 

・ダンシングしても安定する
24インチだと何だかやりづらそうでしたが、今回は後ろから見てても、なかなかの様になってました。ふらふらしなくてやりやすいそうです。小径車は仕方ないですもんね。

 

ヒルクライムが楽になった
いままでより軽く感じるようです。バイクの重量的には変わらないのですが、ホイールの影響が大きいかもしれません。RS010でも軽く感じるほどの、よほどな鉄下駄だったんでしょうな・・・

 

・ブレーキがかけやすい
ST4500ですが、パッドスペーサーを入れてあげてるので、十分に手が届くようです。また、ブレーキのカッチリ感があるので安心とのこと。

 

f:id:KYO-METAL:20170614171946j:plain

 


○客観的な違い

・平地での巡航が30km/hを維持できるようになった
サイコンで確認済みです。以前だと自分から離されてたのが、平気な顔で付いてきました。+5km/h前後は巡航速度が上がった感じがします。そういう意味では、来年8時間160kmの壁(=ツールド国東のAコース)にもチャレンジできそうです(^^;私が走れる自信ないですが(弱

 

・登板速度が上がった
志賀島の休暇村手前の300mくらいの短い登り(10%超)を自分+15秒くらいで登ってきたのが驚きでした。いつもは私に30秒以上離されてた&しんどそうな顔してたのが、ケロっとしてました。
その後の潮見公園ヒルクライムも、タイムが18分⇒15分と大幅に短縮できました!ちなみに私は13分半で自己ベスト(遅
最後の急斜面区間(15%超え)はさすがに辛そうでしたが、以前ほどふらふらすることもなく、適度なダンシングを入れて登ってました。1年前に途中で諦めてUターンしたやつとは思えない成長ぶりですw

 

f:id:KYO-METAL:20170614172541p:plain

 

 

 


という感じで、700Cにすることのメリットは大きいと思います。
140cmくらいになったら、ぜひお子様には700Cを!

kyo-metal.hatenablog.com

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。