読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままにロードバイク生活な日記

ロードバイクだけでなく、ギターや車など、多趣味なもんでいろいろ思いついたことを書き溜めていきます。

徒然なるままにロードバイク車載のお話~車載スタンド台作成③~

②の続きです。

kyo-metal.hatenablog.com

 

部材が集まったら、あとはサクッとDIYするだけです。

 

あ、その前に工具を揃っていますか?


充電式ドリル

DIY女子な森泉さんも使ってるやつですw 激しいDIYをやらない限りはこれで十分です。

 

ドリル刃 

今回のU字ボルトが直径6mmだったので、+0.5mmの刃が必要です。

 

ノコギリ

これホントに切れ味よいです。

 

パイプカッター

・・・シートポストとかハンドルカット以外ではまず使いません(^^;

 

自転車関連の弄りに関係なく、最低限ここら辺を揃えておくと何かあったときに
すぐ対処できるのでお勧めです。(パイプカッター除くw)

ホームセンターで微妙なやつを買うより十分使えますし、結構安価ですよ!

 

 

1)木材をカットする
 土台はご自身の車のトランク内幅と同じ長さにカット。
 2cm角の木材は、土台の幅と同じ長さにカットして2本用意します。

 

2)1)でカットした角材にドリルで穴を2箇所開ける。
 U字ボルトがちゃんと入るように位置を確認してから開けます。

ロードバイク 車載スタンド

 

3)ステンレスパイプをカット(9.5mmくらい)し、両端にゴム足をつける。
 フロントのエンド幅が100mmであれば、ゴム足の厚みを考慮して9.5mm程度でカットすれば大丈夫です。

ロードバイク 車載スタンド

 

4)3)をU字ボルトで挟むようにして2)の角材に挟みます(左右同様)
 忘れずにプレートを上下にはさむように入れましょう。
 ※ボルトで締めるときに締めすぎ注意です、ステンレスパイプが変形しちゃう
ので。。

ロードバイク 車載スタンド

 

5)4)の角材の四隅(外側)にL字金具を取り付ける
 ※↓の写真のように4)で締めた下方のボルトの厚み分を考慮せずにやると私みたいに失敗しますw

ロードバイク 車載スタンド

失敗した場合は、余った木材を適当な厚みに切ってスペーサーがわりに入れてボルトで捻じ込めばOK(適当)

↓で割れてますが細かいことは気にしない。。。

 

6)土台の木材へ取り付け。

ロードバイク 車載スタンド

①の手順でロードバイクを車に載せて測ったと思いますが、適切な位置に取り
付けましょう。特に複数台載せる場合は、互いに干渉しないように気をつけてく
ださい。
 
こんな感じで完成DEATH!

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。