読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままにロードバイク生活な日記

ロードバイクだけでなく、ギターや車など、多趣味なもんでいろいろ思いついたことを書き溜めていきます。

徒然なるままに子供用ロードバイクのお話~ローディに育てるための2台目選び~その1

ロードバイク 子供用

子供に買ってあげたい1台目の自転車について先日投稿しました。

kyo-metal.hatenablog.com

次の2台目について書きたいと思います。

 

 

1台目のバイクを14~16インチで買ってあげて、よく走る子の場合は大体小学校にあがったくらいでギアが足りなくなります。

すごいケイデンスで走る姿は見てて可愛らしくもありますがw、さすがに大人と同じような速度では走れません。

 

そこで、小学校1年目の夏休み~クリスマスくらいまでに2台目を選びましょう。

そう、ちょうどこの時期がチャンスです♪ボーナス時期ですしね!

 

ロードバイク 子供用 FUJI

 

1台目のときは、ちゃんとした装備のバイクを選ぼうとすると選択肢は少なかったですが、2台目は20~22インチとなるはずなので、各メーカーから発売されており、かなり選択肢が広がります。

 

1台目は仕方なくトイ○ラスとか、あ○ひとか、イ○ンでルック車を買ったとしても、2台目は重要なので安易に買わないように!

 

※24インチ~650cサイズは高学年になると思いますので今回は省きます。

また、MTBも探せばよいバイクは沢山ありますが、あくまでロードにこだわって列挙するので省きます。

 

ざっと調べたものを並べてみます。(2016.6現在)

FUJI ABSOLUTE 20

f:id:KYO-METAL:20160621235520j:plain

www.fujibikes.jp

 

GARNEAU REN 20

f:id:KYO-METAL:20160622000018j:plain

www.louisgarneausports.com

 

 

 

LOUIS GARNEAU LGS-REN 2

f:id:KYO-METAL:20160622000048j:plain

www.louisgarneausports.com

 

Frog Bikes Frog Road58

f:id:KYO-METAL:20160622000204j:plain

www.bike-kids.com

 

Moda Bikes Mini20

f:id:KYO-METAL:20160622000823p:plain

Mini | Moda Bikes

 

各社いろいろ違いますね~

個人的にはModaが一番素敵だと思いますが、国内であまり流通しないんですよね・・

FUJIを買って、ドロップ化するのが一番安上がりで済みそうですね。

 

以下はもう少しクロスバイク的なやつでVブレーキ仕様のものばかりですが、どれも細目のタイヤにしてあげれば結構走れそうです。

f:id:KYO-METAL:20160622001334j:plain

www.giant.co.jp

 

f:id:KYO-METAL:20160622001611j:plain

Superfly 20 | Trek Bikes

 

 

f:id:KYO-METAL:20160622001657j:plain

GT | キッズバイク | アグレッサー 20-ライトウェイ

 

f:id:KYO-METAL:20160622001752j:plain

MX 20 TEAM — Orbea

 

 

 

f:id:KYO-METAL:20160622001830j:plain

CENTURION センチュリオン|R'BOCK 20 R'ボック 20

 

もちろん、子供のモチベーションを考えて、かっこいいと思うものを買ってあげるのが一番ですが、機能的な面もよく検討しましょう。

 

上記のようなちゃんとしたメーカーのバイクは、ある程度大人用の自転車と同様にパーツ交換が出来るので、大体のものはどうにかなります。

 

が、購入前に注目すべきは以下の3点です。

 

  1. フロントがシングルorダブル(もしくはトリプル)ギアかどうか
  2. ブレーキがキャリパーかどうか
  3. タイヤ交換した場合フレームやフォークに余裕があるかどうか

 

 

1)については、坂道がある地域にお住まいの方はぜひフロントも変速できるやつを買いましょう。また、ヒルクライムを走らせたいとかいうドSな親御さんなら間違いなく必要でしょう。

f:id:KYO-METAL:20160621133011j:plain

 

ただ、小学生になったばかりの子にフロントの変速までを意識させるのは難しいので、うちの子のバイク(後述)はシングルギアでした。

 

後付けもできなくはないですが、アウター受けとか角度調整できるFDバンドとか子供用の短いクランクセットとか揃えるのがかなり面倒なので、購入前からよく検討しておいてください。

 



2)については、いずれ大会に出たいとか、ツーリングで中長距離も走るという方は、やはり前傾姿勢が必要になるので、ドロップハンドルにできるかどうかが重要になります。

ということで、Vブレーキ仕様よりもキャリパーブレーキ仕様のバイクをオススメします。

f:id:KYO-METAL:20160621133454j:plain

ドロップにする必要は必ずしもないですが、長距離走ることを考えると、持ち手を変えられるドロップのほうがしんどくないと思います。

また、Vブレーキ仕様でも、アーチの短いミニVブレーキを選べば、STIで引けなくもないですが、調整がシビアですし、子供が使うことを考えるとやはり安全面的にあまりおすすめしません。



 

3)については、うちの子が買ったバイクがまさにそうだったのですが、純正のタイヤから交換したときに、クリアランスがあるかどうかということです。

f:id:KYO-METAL:20160621133641j:plain

 

ローディーらしく20×1くらいの細いタイヤを履かせてもいいですが、乗り心地もよくないし、いきなりスパルタンなバイクに乗せるのもアレなので、最初は20×1-1/8とか3/8の少し太い(とはいえ一般的には細いです)タイヤで慣れてもらうほうがよいと思います。

 

なので、それが可能なクリアランスがあるかどうかは重要です。

後述しますが、うちの子の2台目バイクは20×1-1/8が入りませんでした(汗

 

 

 

以上3点を よく注意の上、子供さんと一緒に選んでみてください♪ 

 

参考まで、うちの子へ買った2台目について詳しく書きますので、その2へ続きます~

 

 

 

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。