読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままにロードバイク生活な日記

ロードバイクだけでなく、ギターや車など、多趣味なもんでいろいろ思いついたことを書き溜めていきます。

徒然なるままにFUJI BARRACUDA R(2013年モデル)購入のお話 その③ 試走編

FUJI バラクーダR

その②からの続きです。

kyo-metal.hatenablog.com

 

 

やっと完成したバラクーダRで、いつものマイ練習コースを2つとも走ってみました。

 

エントリーモデルなルーベちゃんと比べて、アルミフレームではTOPクラスと評判のよいバラクーダRの違いをまとめてみました。

 

kyo-metal.hatenablog.com

 

kyo-metal.hatenablog.com

 

 

 

 

 


・フレームの違い

ひたすら硬いw

FUJI バラクーダR 2013

乗り換えた瞬間から分かる硬さです(^^;
力を入れると即座に反応してグイグイ前に進んでくれます。

その反面、かなり疲れます(弱 当社比1.2倍くらいw
ホイールは6800アルテにしといて正解だった・・・zondaとか選んでたら耐えられなかったかもしれません。

 FUJI バラクーダR 2013

軽さについては、ルーベちゃんと比べると1.2kg近く軽いわけですが、潮見公園までのヒルクライムであまりの楽さに驚きました。
以前は途中から辛くておしゃべりできない位でしたが、今回は子供にずっと話しかけながら登ることができました。

軽さは正義です。

 

 


・4700系コンポの違い


ルーベちゃんは9速SORA(3500系)メインで、ちゃんと調整してれば、ぶっちゃけ自分の用途的には全く文句がないコンポです。

FUJI バラクーダR 2013

ただ、それよりも、4700系コンポは全体的にカチッと即座に変速できます。FDの変速のすばやさは特筆もんですね。

また、STIが握りやすい形状になっているのも、走りやすさに大きく寄与していると思います。

 

ルーベちゃんはブレーキキャリパーだけは105(5700系)にしていたので、それと比較しても4700のブレーキは変わらない制動力があると思います。

 

 


・疲れ具合
フレームの硬さのせいで入力がダイレクトに伝わる分、反動も体に伝わります。

f:id:KYO-METAL:20170222171456j:plain

ヒルクライムも「自分、上達したんじゃね?」と錯覚するほど、序盤はぐいぐい登れますが、脚が途中で終わりますww ↑の猪野ダムの登りでも途中で切れました。

ということで、ペース配分を考えないとロングライド厳しいかも(^^;

 

なにも考えずに乗れたルーベちゃんに比べて、もっと乗り方や使う筋肉を意識しながら乗らないといけないバイクだなと思います。とくに、ハムストリングをちゃんと使える乗り方をしないと、大腿四頭筋がすぐに終わりますわ。。。

 

そういう意味では、脱初心者のための1台にはもってこいなのかもしれません。フルカーボンだと扱いがちと面倒ですし。

 


・総評

FUJI バラクーダR 2013

走りも見た目も素敵。派手なロードバイクが苦手な自分にとってはベストかもです。

また、ボロボロのフレーム状態から自分で組んだ、ということで、より愛着を感じます♪

永くお付き合いできたらいいなと思います。

徒然なるままにFUJI BARRACUDA R(2013年モデル)完成のお話 その②

バラクーダR FUJI ロードバイク

その①からの続きです。

 

kyo-metal.hatenablog.com

 

 

今回のバラクーダは1から組むので、コンポを何メインにするのかを悩みました。

 

信頼と安心の105コンポ(5800系 11速)

 

ちょっと(かなり)お高いけど憧れるアルテグラコンポ (6800系 11速)

 

新しくなったティアグラコンポ(4700系 10速)


正直、自分の用途では11速にする必要性がないのと、他に所有してるルーべちゃんや子供のロードとのホイールやパーツの互換性を考えたときに、11速で組むと後々面倒だべと思い、従来の通り10速にすることにしました。

 

5700系の105か、4700系のティアグラかで悩みましたが、見た目が艶感のあるグレーでかっこいい&操作感も性能も5700よりも上、という評判を聞いて4700系で揃えることにしました。

 

f:id:KYO-METAL:20170217163115j:plain

その他、ハンドルやサドルなど小物を買い足していき、やっと組み上げる状態になりました。パーツリストは以下の通りです。

 

名称メーカー・型番価格(円)購入先  重量(g)
フレーム・フォーク・BB込

FUJI BARRACUDA R 2013

(BBはSM-BB91-41B圧入済)

7,000 ヤフオク 1,720
ヘッドセット

TOKEN OMEGA A83M 上1-1/8、下1.5

異型インテグラ

3,000 あさひ 80
アンカーナット

BBB パワーヘッド ステムキャップ BAP-03 OS 

(ヘッドキャップはFUJIのを流用)

2,000 Amazon 60
シートポスト・クランプ FUJI純正 エアロカーボンシートポスト(カット前) 19,000 メーカーへ注文 230
サドル Selle Sanmarco Concor Open 2,000 ヤフオク 200
ステム Deda ultra carbon 120mm 2,000 ヤフオク 170
ハンドル Bontrager Race Lite Aero Handlebar 380mm 4,000 ヤフオク 330
ホイール SHIMANO WH-6800 前後 クイックリリース込 22,000 ヤフオク 1,760
タイヤ Vittoria OPEN CORSA EVO CX 23C 前後 4,000 ヤフオク(新品) 440
チューブ Continental Race28 前後 1,000 Amazon 200
シフター SHIMANO ST-4700 9,500 ヤフオク 500
フロントディレーラー SHIMANO FD-4700 3,000 Amazon 90
リアディレーラー SHIMANO RD-4700 ※GS  4,000 Amazon 280
ブレーキ SHIMANO BR-4700 前後 3,500 ヤフオク 380
チェーンリング・クランク SHIMANO FC-4700 50-34T 170mm 7,500 ヤフオク 910
スプロケ SHIMANO CS-6700 10s 12-30T 4,000 Amazon 250
チェーン SHIMANO CN-HG54 10S 2,000 Amazon 300
ワイヤー類 JAGWIREインナー・アウター、Dedaバーテープ 1,500 Amazon 150
ペダル SHIMANO PD-A520 4,000 Amazon 315
 

                       合計

 

105,000円

 

総重量

(ペダルなし)

8,365g

(8,050g)

 アルミフレームで重量がほぼ8kgジャスト(ペダルなし状態)というのはなかなか頑張ってるのではないかと思います♪

 

とはいえ、元から持っていたパーツの流用もありますが、なんだかんだで10万になりました(^^;ちなみに「ヤフオク」と書いているのは全て中古です。4700のSTIとクランクセットが新古品で安く買えたのは大きかったですね。5700系105だと中古市場にもっとタマ数が多いので、安く組めるかもしれません。

 

 

FUJI バラクーダR 2013

で、組み上げた後&FUJIのステッカーも貼り直し、サドルもカットしてもらった完成形がこちら。

 

ボディが黒、ホイールや各パーツ&ステッカーやバーテープをグレーで統一、ケーブルやサドルなどの小物は白に統一して、見た目をモノトーンに仕上げました。その分、トップチューブのバラクーダがクロームなのでギラギラと映えてますw

FUJI バラクーダR 2013

 

 

 

ティアグラ 4700 レビュー

 STIレバーも従来モデルに比べすごく握りやすいです。少し手の小さい方もいいですね。

ハンドルは見た目重視でエアロタイプ(ケーブル内装タイプ)を選びました。メンテ性は最悪ですがw もう当面アウター交換したくないな・・・

 

 

ティアグラ 4700 レビュー

スプロケは30Tが欲しかったので(貧脚乙)、ちょっとお高いアルテグラのCS-6800を選びました。軽量でオススメ!

なお、30Tを入れるため、RDはGSタイプです。ちょっと野暮ったい&重いですが仕方ない・・・(SSだと最大28Tまでなので要注意です。)

 

 

ティアグラ 4700 レビュー

一番存在感のあるチェーンリングは上位グレードと同様に4アームで、艶感がかっこいいですね。

また、4700のFDは優秀で操作感も軽いです。以前みたいにヨイショっと変速するのでなく、RDのように軽くカチッと変速できるのでストレスがありません。

 

 

ティアグラ 4700 レビュー

ブレーキは、ルーベちゃんでは5700系の105を使っていましたが、それと同等に制動できると思います。5800の105よりは落ちるかもですが、なんせ見た目がかっこいいので(ぇ

 

 

 

6800 アルテグラ ホイール レビュー

ホイールは定番の6800アルテグラです。正直、一般人にはこれ以上の性能は必要ないでしょう。そのくらい十分な軽さとしなやかさです。フレームが硬いアルミなので、このホイールがいなしてくれて乗り心地もよいです。


試走してみたレポは次回書きます。

徒然なるままにFUJI BARRACUDA R(2013年モデル)購入のお話 その①

永らく更新をサボっていました。。。

2人目が産まれたりで日々バタバタしておりました。

 

 

さて、タイトルどおり、メインのロードを変更することになりました。

 

kyo-metal.hatenablog.com

↑の記事で書いたルーベちゃんも特に不満はないのですが、やはりエントリーロードなので、もう少し硬くてスポーティなやつにも乗りたいと思いまして。。

 

 

で、購入したのが、2013年モデルのバラクーダR(ミラーブラック)です!

http://www.fujibikes.jp/2013/products/barracuda_r/img/item_b.jpg

http://www.fujibikes.jp/2013/products/barracuda_r/

個人的にはこのミラーブラックな見た目(トップチューブのクローム部分がいいアクセント♪)がシンプルで好き&アルミではなかなか評判よいフレームだったので、ずっと気になっていました。FUJI愛好家としてw

 

 

そんな折に、ヤフオクでフレームが出品されていたのを発見!

2013 FUJI barracuda r

ただ、フレームに致命的なダメージはないですが、傷多数&当初は専用シートポス
トもフォークもなしで、おまけにボトルホルダーのボルトが中折れしてる状態と
のことで、まぁ1万未満なら妥当かなと思い入札してました。半分ギャンブルです(^^;

 

で、めでたく落札後に、カーボンフォークも倉庫から出てきた(※ただし傷多数)とのことで、結果的にフレーム&フォークのセットで7000円で購入できました。

2013 FUJI barracuda r

 

正直、ロードバイクに少々の傷は気にしないタイプの人間ですが、そんな私でも届いた直後の状態は結構ひどいと思うレベルで・・・(^^;

 

ぼろぼろのミラーシールは剥離剤で剥がし(後日)、線傷は黒のタッチアップをし、全体をコンパウンドかけて磨きあげて、車のコーティング剤でリフレッシュしました。シートステーとチェーンステーは傷が多くて面倒だったので、カーボン調のカッティングシートで隠しました(適当
中折れしたボルトは、めがね用の細いマイナスドライバーをハンマーでたたきな
がら少しずつ回して取りました。

 

 

2013 FUJI barracuda r シートポスト カーボン

並行して、専用シートポスト(面倒なことにエアロ形状なカーボンなんです・・
・)はメーカー受注になるので、近所のスポーツデポにお願いして取り寄せても
らいました。その店舗で買ってなくてもちゃんと対応してくれるのでデポはありがたいです。

ちなみに、シートクランプと併せて1.9万円です・・・(^^;フレームの2倍以上ですが、仕方ない。。

 

 

 で、やっと下準備の完了です。フレームが蘇りました!

2013 FUJI barracuda r フレーム


さて、ここからが何よりの楽しみなパーツ集め&組み立てが始まります。
3ヶ月ほどかけて夜な夜なゆっくり作業をしていきました。

 

次回以降書きたいと思います。

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。