徒然なるままにロードバイク生活な日記

ロードバイクを中心に、ギターや車など、いろいろな趣味や思いついたことを書き溜めていきます。

徒然なるままにFUJI バラクーダRをアルテグラコンポ&ホイールをRS80にアップデートしたお話②

前回の続きです。

kyo-metal.hatenablog.com

 

こんな感じの1台に組みあがりました。

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系

 

 

 

入れ替えた6700系コンポのインプレです。全て4700系との比較になります。

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系
まず、シフターですが、ごつくなりました(^^;手が大きい自分にはST-6700はちょうどいいですが、女性は厳しいかも。。。5mmのスペーサー(アジャストブロック)を買おうかどうか迷い中です。

ただ、操作感はカッチリですし、アウターの取り回しがしやすく(ブレーキが内側、シフトが外側)なりました。なによりアルテの文字がカコイイっ。

 

 

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系
一番違いが大きいのはクランク・チェーンリングのFC-6800ですね。
これは軽いっ!そして剛性感半端ない。
FC-4700に比べ若干Qファクターが狭まった(メーカー公表値では-3.3mmとわずかの違いのようですが違和感は感じました)のは気になりますが、ぐいぐい踏んでいけます。
踏んだ分だけ進む感じです。

少々高くても、クランクはアルテ以上をオススメですね。

 

ただ、FDについてはセットの6700を付けましたが、正直、新設計のFD-4700の方が変速が軽かったです。。(´・ω・`)当然カチッと変速はするんですが、操作の軽さは重要かと。。いずれFD-6800に変えようかな・・・

 

 

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系
ブレーキもかなり効きます。もともと、BR-4700にはアルテのシューを付けてましたが、比較にならないくらいに効きます。コントロール性能はまだダウンヒルを走ってないので何ともですが、オススメです。

全体的に黒っぽすぎる1台の中で、このシルバーがいいアクセントになったと思います。

 

 

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系
RDについては、セットのものは最大28Tまでしか対応していない旧タイプの6700です。変速はぬるっと決まるんで好みですが、近々、新タイプのRD-6700-A-G-SS(最大30T対応)に換えようと思います。だって30Tがないと激坂登れないんだもの(ぉ 
なんとか調整して30Tでも一応変速はしますが、30Tに入れるとシャリシャリ音がします。。。

 

FUJI バラクーダR 2013 アルテグラ 6700系 WH-RS80

ホイールは従来のWH-6800とWH-RS80-A-C24との比較です。

軽さは100g程度しか変わらないのに、出足で軽快さを感じます。(タイヤ・チューブは流用したのでホイールだけの差です)。剛性感でいうと、初心者向け&コンフォートといわれる6800より、RS80の方が固いと思います。そもそもバラクーダRはフレームがかなり硬いので、6800の柔らかさ(=クセのなさ)さが心地よかったのですが・・・
RS80にして長距離を走ったときにどうなるか、後日インプレしたいと思います。とりあえず、ヒルクライムで軽さが効いてくれることを願うばかりです(切実)

ただ、見た目は地味ですw

 


個人的には、趣味のロード乗りとしては、アルテが至上(Duraはレース機材)だと思っているので、バラクーダRはこれで完成かなという感じです。弄る喜びがなくなってしまった(´・ω・`)

6800とかR8000とかで11速に手を出すときは、きっと車体も買い替えでしょう。

徒然なるままにFUJI バラクーダRをアルテグラコンポ&ホイールをRS80にアップデートしたお話①

バラクーダRをフレームだけ購入して組み上げてから早1年弱。

kyo-metal.hatenablog.com


当面は4700系のTiagraで十分だと思っていました。実際なんの文句もなかったですし。

 

 

が、これまた子供がかなり走れるようになったので、9速の4500系Tiagraなコンポ&素人な私がフレ取りした鉄下駄(RS010)ではさすがに役不足かなと思い、4700系Tiagra&WH-6800を子供に譲ろうかと。

 

f:id:KYO-METAL:20171013170116j:plain

 

 

・・・というのはただの名目で(苦笑)、単に私がお買い得な6700系アルテコンポセット(クランクだけは6800)を落札したからです(^^;クランクは6800の4アームのほうが絶対かっこいいと思っていた私にとって、うってつけのセットでした。


今やアルテグラはR8000になったので、6700は2つ前の世代の、しかも10速モデルですが、4700系Tiagraを無駄にするのは勿体ないですし、子供のロードと同じ10速で揃えるほうが我が家的には何かと都合がよいので、安くてよい6700コンポに巡り合うのを待っていました。

 

 

f:id:KYO-METAL:20171013170333j:plain

また、ホイールは当初デュラの7900を狙っていましたが、30000円前後ではやはり状態のいい中古に巡り合えず、結局リムが同じなRS80を買いました。フィーリングは変わんないとのことなので。

C35とかC50とかディープリムなホイールは見た目はカッコいいですが、それに見合うほどの脚もないのでw、地味だけど軽くて高性能なホイールという点で好みです。

 


ということで、また夜な夜なコンポ交換作業をば。
決して軽量化至上主義者ではありませんが、気にはなるのでそれぞれキッチン秤で計量しながら作業を進めました(^^;

 

FUJI バラクーダR 2013 重量 6700 アルテグラ RS80


上表が組み上げた時点で、下表が今回アルテにアップデートしたものです。

 

今回の入れ替えで-500g、純正の数値(ペダルレスで8.6kg)より約-1,000gとなりました!ペダルも入れて7kg台なアルミロードは珍しいと思います(多分

フルカーボンなロードにもそんなに引けを取らない1台になりました。

 

・・・ま、実際はこれにアクセサリー類やツールボトルとか付けて走るので、余裕で8kg台ですけどね(´・ω・`)しかも肝心なエンジンが貧脚という・・・(ぉ

 

次回、インプレをまとめます。

徒然なるままにCATEYEパドローネ スマート プラス「CC-SC100B」購入のお話

サイコンを新調しました。

CATEYE パドローネ スマート プラス CC-SC100B

www.cateye.com


以前のRD500Bは半年ほど前に購入したばかりなんですが、子供もかなり走れるようになりましたし、心拍やケイデンスを意識して乗ってほしいので譲ろうかと。

kyo-metal.hatenablog.com


・・・というのはただの名目で(苦笑)、単に私が高度とか斜度も計測できるSC100Bが欲しくなったわけです(^^;

ちなみに、RD500Bはミラーモードにすると、スマホとRD500Bの接続が切れて何も表示がなくなる(ただし、ログはスマホ自体にちゃんと取れている)だけでなく、しょっちゅうケイデンスセンサーと心拍センサーがスマホとの接続切れをしていたので、ログ自体が取れてない現象(NOケイデンス、NO心拍なまるで死亡状態)が頻繁にあり、嫌になったというのもあります(´・ω・`)

サポートの方に問い合わせたところ、SC100Bはそのような報告が少ないとのことでしたので期待しつつ・・・


御開帳~

CATEYE パドローネ スマート プラス CC-SC100B

RD500Bと比べるとかなり大きいです。

 

 

 

RD500Bは小さいのでハンドルにつけても気になりませんでしたが、SC100Bはそれなりに大きいので、ちと邪魔に感じるかもです。なので専用ブラケットおすすめです。

CATEYE パドローネ スマート プラス CC-SC100B

↑が付属のブラケットでつけた状態。ちょっと邪魔。

 

CATEYE パドローネ スマート プラス CC-SC100B

↑が別売りの専用ブラケットにつけた状態。
Amazonなら1000円程度と安いですし、見た目的にもすっきりするので、別売りブラケットをおすすめします。

http://amzn.to/2yhhVeu

 


ちなみに、ケイデンスセンサーと心拍計は、以前のRD500Bのセット品で問題なく繋がりました♪

http://amzn.to/2i6Kk0w

http://amzn.to/2yhAgb8

 

で、週末に近所を軽く走行してみた感じですが、

 

・・・やはり、たまにスマホとSC100Bの接続が切れます(ぉ 

RD500Bから何も成長してないジャマイカ・・・

 

※ちなみに、スマホも機種変したので、以前のXperia Z2(Android 5.0)からXperia XZpremium(Android 7.1)になりました。Android 7でも問題なくCyclingアプリは対応しているとのことですが・・・

www.cateye.com


症状としては、走行中に画面表示が固まって、数秒後にSearch中の表示になり、また数秒後にConnectになって復旧するという感じです。
ただ、各センサーとの接続切れはありませんので、ログはちゃんと取れていました。

 

まぁ私の用途的にはログが取れてれば、少々表示がでなくても問題ないんですけどね。レースなんか出る方は、スマホを介すミラーモードじゃなくてダイレクトモード推奨です。

たしかにスマホも様々な機種やOSにも違いがありますし、いろいろ制御が難しいんでしょうが、Cyclingアプリにはもうひと頑張りしてほしいところです(´・ω・`)


ちなみに、SC100Bは傾斜も測定できますが、5秒遅れくらいに表示されますのでw、完全なリアルタイム表示ではありません。坂を上り切った後で+15%とか表示されてもねぇ・・・

 

 

と欠点ばかりを書いてしまいましたが、それ以外は◎です。RD500Bに比べ見やすく、多項目が表示できるので、ホビーユーザーはSC100Bで十分だと思います。安い他機種を買いなおして変に散財するより、最初の1台としてオススメです。Cateyeはサポートもちゃんとしてますしね♪

ちなみに、直売専用モデルなので、AMAZONなどのネットショップでは売ってません。>SC100B 

 

もし、これで不満を感じるなら、素直に倍以上払ってガー民になりませうw

 

http://amzn.to/2ydzYjt

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。