読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なるままにロードバイク生活な日記

ロードバイクを中心に、ギターや車など、いろいろな趣味や思いついたことを書き溜めていきます。

徒然なるままにオススメ?のサイクリングロードのお話:英彦山ヒルクライム~ 添田一周編

英彦山 ヒルクライム ロードバイク

サイクリングロードなんて生ぬるい斜度ではありませんがw、英彦山ヒルクライムTTと同じルートで登り、英彦山神社前を通って添田一周してみました。

 

ヒルクライムのタイムは・・・大会本番だと、何とか完走扱いになるくらいです(激遅

英彦山 ヒルクライム ロードバイク

1つ目の山が平均約7%ちょい、少し下って2つ目の山が平均8.5%で、数字だけみるとそれほどきつそうに見えませんが、後半になるにつれて勾配がきつくなるので、後半は体力がなくなって超しんどいです。トドメが最後のつづら折りの部分で、12~15%の激坂の連続になってます。。

なんとか足をつかずに上りましたが、私は気力・体力ともに燃え尽きました。。
正直、私みたいな初心者がうかつに登るべきではない山かと・・・

 

英彦山 ヒルクライム ロードバイク

帰りは、英彦山神社~ケーブルカー方面に下りたので、景色を見ながらとても快
適にダウンヒルを楽しめました♪

 

ちなみに、起点は道の駅おおとうです。ヒルクライムのスタート地点まではちょ
うどよいほぼ平坦な道が続くのでアップ区間にも使えてオススメです。

 

①距離:50km(ヒルクライム部分は約15km)

 

②累積標高:1040m(ヒルクライム部分は約800m)

 

③舗装:よい
ヒルクライムの最後のつづら折り部分は木の枝など落ちているので、ヘロヘロ状態のときに踏んで転ばないように注意です。

 

④景色・観光:頂上付近からの景色はいいです。登山好きな人は、きっとこういう達成感に溢れた気持ちで見る景色が好きなんでしょうね。私にはそこまでどMではないのでよくわかりませんが(ぉ

 

⑤休憩場所:英彦山神社の交差点付近にある自販機くらいでしょうか・・・
ヒルクライム時はほんとに何もないので、補給食と飲料水は必須です。

 

⑥グルメ:山頂にはない(断言
道の駅 歓遊舎ひこさんか、おおとうまで下りましょう。。

 

⑦特記事項:
団体で走るときは不要でしょうが、かなりの山の中を走るので、単独走行だとクマとかイノシシとかヘビとか野生のナマモノが怖いです(マジで
スマホの音楽をがんがんにかけて登ってました(^^;

 

英彦山 ヒルクライム ロードバイク

あと、春先(3月下旬)に登ったので、山頂付近がかなり寒かったです。。。
下界は気温15度だったのでウィンドブレーカーだけで登ったら、頂上が気温5度
以下で山肌には雪が残ってる程で、凍える思いをしましたw

徒然なるままにオススメのサイクリングロード@福岡のお話:古賀周遊~北筑前 広域農道からの猪野ダム

いつも志賀島~潮見公園ばかりなので、山側でいい道がないか探してみました(^^;


交通量も少なく、道もきれいで走りやすいルートだと思います♪
古賀SAで一服できますし、よい練習コースになりそう。

福岡 サイクリングロード 北筑前広域農道

なんなら、逆周りにして、最後に3号線に出るところから和白方面に抜けて、志賀島往復をいれてもいいかもです。そうすると約100kmの満足ライドになるかと。

 

 

①距離:55km

 

②累積標高:1025m(サイコン調べ)

 

③舗装:よい(特記参照)

 

④景色・観光:北筑前広域農道のアップダウンを超えたあたりで一面視界が開け
た瞬間は開放感があります。

福岡 サイクリングロード 北筑前広域農道

 

⑤休憩場所:古賀SA(※レーパン姿で若干恥ずかしい)

古賀SA(上り)はウェルカムゲートがあり、一般道からのアクセスも可です。

https://w-holdings.co.jp/sapa/2644.html

場所はこちら。

福岡 サイクリングロード 古賀SA ウェルカムゲート

矢印部分から入れます。自転車も停められるスペースがあるので安心です。

鍵チェーンを忘れずに!

 

⑥グルメ:古賀SA(※以下略

pinkberry(ピンクベリー)のフローズンアイスは美味!

疲れたときには甘いもので補給しませう。

 

⑦特記事項:
筑前広域農道の宗像寄りのあたりは10%超の坂(といっても短い)のアップダウンの連続がありますので、よいトレーニングになるかと思います。

が、そのあたりだけ舗装が悪い(道路のひび割れ&隆起多数)ので、速度によっては注意が必要です。

福岡 サイクリングロード 北筑前広域農道

 

最後の猪野ダムヒルクライムは、いつもの久山側(茅乃舎の裏側)ではなく、古
賀側からの登りなので結構な急斜面です・・・1.6kmで170m登るので平均10%超
え!距離は長くないとはいえ、足が終わらないように気をつけませう(私は終わ
りました

福岡 サイクリングロード 猪野ダム ヒルクライム

このトンネルを抜ければ、猪野ダムの周遊コースです。

徒然なるままにロードバイク車載のお話~車載スタンド台作成④~

その③までで、前輪側のスタンドを作成しました。

kyo-metal.hatenablog.com

 

以前乗っていたるーべちゃんならば、シートポストのクイックを緩めればサドルの上下が簡単に出来ましたが、バラクーダRはエアロ形状のカーボンポストなのでしょっちゅう締めたり外したりが出来ません(やりたくありません)

そのままのサドル高では、うちのデミオには天井につっかえて乗らないんですよね(泣 かといって、後輪を外すと自立しないし・・・

 

ということで、後輪側のスタンドも自作しちゃえということで作ってみました。

ロードバイク 車載 DIY

 

 

 

ちなみに、地味に高いですが、↓みたいに似たようなものも売っていることは売っています(^^;このままでは横に倒れそうなので、なんらかの補強はいるでしょうが・・・

 

 

 

材料は以下の通りで、構造は簡単です。
・長めのステー(25cm程度のもの)×2
・L字ステー×2
・アンカーボルト(30cmくらいの先がL字に曲がっているもの)
・ステンレスパイプ(直径13mm)※適当な長さに要カット
・必要なボルト・ナット
・土台になる木材
・10mm程度のゴムorスポンジクッション(片面にシール付)(あれば)
・椅子のゴム脚(あれば)⇒なかったので赤のビニテで巻いて保護しました。

全部で1500円くらいでしょうか。

ロードバイク 車載 DIY

ロードバイク 車載 DIY

 

要は、輪行する際のエンド金具を参考に、もっとステー部分を延ばしてあげて、自立するように土台に固定しただけです。

車体の固定は、↑写真でいうと、赤いビニテ部分がディレーラー側のエンド部分を、逆の黒いクッション部分が反対側のエンド部分を挟み込むようにして、アンカーボルトのナットの締め付け(手で回すレベルでOK)で行います。

 

(参考)

 

(※ちなみに、輪行の際は、リアディレーラー保護のため、↑のエンド金具は必須だと思います。MTB用の135mmですが、レビューにあるとおりスペーサーをとればロードにも使えますので、こちらをオススメします。) 

 

 

今回のDIYのミソは、アンカーボルトの先がL字に曲がっていることと、その部分がステーの穴に入るかどうかです。先がL字に曲がっているため、回すと引っかかるので固定できますし、ステーの穴に入る長さのおかげで、片手で脱着できます。

この点だけは確認して材料を購入してみてください。

ロードバイク 車載 DIY

 

あとは、クッション剤をステーに、ゴム脚をパイプにつけて、車体のエンド部分
に触れる両サイドに傷が入らないようにするだけです。
ゴム脚がなかったのでビニテで保護しました(^^;

ロードバイク 車載 DIY

 

で、ここまで作っておきながら、装着するとチェーンリングが地面に少しあたってしまったので、スノコ板を100均で追加して高さをだしましたw(←行き当たりばったり

 

完成図がこちら。

ロードバイク 車載 DIY

ちゃんとチェーンリングも地面に触れてないし、チェーンも外れることなく、テンションを保って保持できます。


ちなみに、後輪を履いているとエンド金具までの高さ(=ホイール&タイヤの半径)は約35cmですが、これだと約28cmになりますので、うちのデミオでも十分に天井までクリアランスがあります。

 

これで無事にバラクーダRも車載して遠出ができます!
コンパクトカーに乗っている方で、シートクランプを都度緩めたり締めたりするのが嫌な方は参考にしてみてください。

ロードバイク 車載 DIY

ロードバイク 車載 DIY

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。