徒然なるままにロードバイク生活な日記

ロードバイクを中心に、ギターや車など、いろいろな趣味や思いついたことを書き溜めていきます。

徒然なるままに自転車用子供キャリア(Weeride ウイライド カンガルーキャリア)をロードバイクに装着のお話

 

ロードに子供用キャリアの取り付け方法と注意点をまとめたいと思います。検討している方は購入前に要確認ください。

※最後にも書いていますが、自己責任で取り付けてください。当方では責任とれません。

 

Weeride ウィライド カンガルーキャリア ロードバイク 取付


我が家の土日のお買い物はほぼ自転車でこなしていたのですが、2人目が生まれてからは常に車生活でした。が、2人目もそろそろキャリアに乗せてもいい月齢になってきましたので、早々に自転車用子供キャリアを購入しました。

 

 

 

購入したのは、Weeride(ウイライド)のカンガルーキャリアで、ロードにも装着可能な、現状では唯一の製品かと思います。

トップチューブと並行に、ヘッドチューブ部分とシートポストを繋ぐように鉄製のベースを取り付け、その上に椅子を乗せるという、とても理にかなった設計です。ママチャリみたいに、ハンドルやリア周りに座らせるのではなく、トップチューブ部分に座らせるので重心的に安定しますし、何よりも強度的に安心です。
万が一転倒してしまった場合でも、抱きかかえるようにして守ってあげられますし、乗ってるときも互いに安心ですよね。

 

 


早速、街乗り用に降格(サーセン)している、るーべちゃんに取り付けたいと思います。

Weeride ウィライド カンガルーキャリア ロードバイク 取付

ちなみに、製品の注意事項にはロードバイクには不可となっていますが、結果的には取り付けられました。
※不可となっている理由は、主に下記の1)~3)だと思いますが、ある程度自転車を弄れる方であれば、調整次第で問題なく装着できます。

 

 

ロードへの取り付け時の注意点は大きく4つあります。

購入前に要確認ください。


1)ハンドルを上げる
要は、STIのブラケット部分を握ったときに、子供が十分に座れるくらいの空間が確保できるかどうか、そのためには前傾⇒アップライトなポジションに変更する必要があるということです。なので、かっこ悪いのは我慢してハンドルを上げましょう。

 

下記の点がクリアできるかを確認してください。

・ベース部分を取り付けるために、ステムの下に余裕があるかどうか(最低でも15mm程度)

Weeride ウィライド カンガルーキャリア ロードバイク 取付

⇒これ一番重要です。
大抵のロード乗りの場合は、ハンドル落差をかせぐためにステム下のスペーサーは薄いものを入れるようセッティングしているのではないでしょうか。

ですが、このキャリアのベースを取り付けるには、↑写真のようにヘッドパーツの上ワン部分とスペーサー付近に金具の固定が必要になります。よって、フロントフォークのコラムをカットしすぎていて、ステムの下に隙間がない場合はそもそも取り付けできません。フォーク交換が必要です(※出費大)

見た目かっこ悪いですが、ステム下に目一杯スペーサーを入れて、ハンドルを上げましょう。

 

・ステムを上向きにつけるなど、アップライトなポジションにできるか。
⇒手持ちのステムを裏返して角度的にアップになればいいですが、±0度なステムだと交換が必要だと思います。また、私は腕が長いので不要でしたが、可能であればステムを短くしてハンドルを近くするとなおよいと思います。

・・・いっそフラットバー化すれば話は早いですね(※出費特大)
 

 

いずれにせよ、ハンドルの高さはサドルと同じかそれ以上になるように調整が必要なので、ご自身のロードで可能かどうか確認ください。

 


2)サドルを下げる

Weeride ウィライド カンガルーキャリア ロードバイク 取付

カンガルーキャリアの椅子をつけると、トップチューブの7割くらいを占めるので(↑写真参照)、いつものように停車時にサドルの前に降りられません。

 

つまり、サドルに乗った状態でもすぐに両足を地面に着ける状態にする必要があります。でないと、咄嗟のときに乗せてる子供が危険です!!

 

・両足が着くくらいまでサドルを下げてもシートポスト部分に余裕があるかどうか。
⇒2番目に重要です。
フレームサイズが大きくて、シートポストがほとんどフレームに埋まってる場合は取り付け出来ません。ベースの金具が入るにはこちら側も最低でも15mmは必要です。

Weeride ウィライド カンガルーキャリア ロードバイク 取付

 

ただ、両足が着くほどサドルを下げると、相当ペダリングしづらくなります(^^;おまけに椅子の部分が邪魔で、がに股にもなるので本当につらい(ぉ

ま、どのみち子供を乗せて速度は出さないでしょうし、完全街乗り仕様と割り切って我慢するしかないですね。

 


3)固定時にヘッドチューブの動きを阻害しない
これが面倒な点です。

MTBとか一部のクロスバイクは、↓の参考写真のようにヘッドチューブが長い(=トップチューブよりも上に突き出している)ので、そこにベースの金具を固定すれば何の問題もありません。

 Weeride ウィライド カンガルーキャリア MTB 取付

一方、ロードバイクは基本的にハンドルを低く設定するために、ヘッドチューブが↑みたく突き出していないのがほとんどです。よって、このキャリアのベースを固定するには、ステム下のコラム部分に締めるしか方法がありません。

 

Weeride ウィライド カンガルーキャリア ロードバイク 取付

ですが、お分かりのように、ここはハンドルを左右に動かす際に可動部分になりますので、固定をきつく締め過ぎるとハンドルが動かず直進専用車になります(ぉ

 

かといって、締め方が甘いとガタがでるので、ちょうどいい塩梅に調整する必要があります。少し締めてはハンドルを持ち上げて軽く左右に動くか確認、を繰り返して、全くガタが出ないけどちゃんと固定されている状態になるまで調整してください。



ちなみに、ベース固定部分の内側の樹脂パーツ部分がどうしても擦れる(↑写真参照)ので、気休め程度に接触部分に薄くグリスを塗っておきました(^^;上ワンとスペーサーがベトベトになるのはちょっと嫌ですが、いたし方ありません。

 


4)タイヤは25C以上にすべき
これは最もイージーな問題ですが、取り付け後の試走はタイヤを23Cのままで、子供と同じくらいの重さ(8kg程度)の荷物を乗せてみました。

 

すると、とてもバタバタして乗り心地も悪いし、歩道の段差でリム打ちしそうだしで走る気になりません。。。25Cに変えると随分マシになったので、いつもよりタイヤを太くすることをオススメします。

 

 

 

Weeride ウィライド カンガルーキャリア ロードバイク 取付

結果、こんな感じの仕上がりになりました。うぅ・・・ハンドル回りがダサいです。。

 


最後に・・・大事な大事な子供を乗せるので、取り付けは慎重に&自己責任で行いましょう。必ず近所を試走してみてから乗せてください。

当方のロードには上記のとおりちゃんと固定できて乗せても問題ありませんでしたが、他のバイクだとどうかはわかりません。

私は一切責任はとれませんので、あしからず。

徒然なるままに140cmから乗れるロードSCOTT SPEEDSTAR SS サイズ4XSで初走行のお話

いつものホームコースを子供と一緒に走ってみました。

f:id:KYO-METAL:20170614171554j:plain

以前の24インチ時代との比較です。
気温や体調などの諸条件は異なりますが、大体下記のような感想で間違いないと思います。

 

 

○子供の主観的な違い

・乗り心地がいい
アルミフォークからカーボンになったのと、サドルの形状もあってソフトな乗り心地になったんだと思います。

 

・巡航が楽
一漕ぎでかなり進むし、脚をとめても速度が落ちないのが楽とのこと。24→700Cなので当然ですが、大部分はホイールのおかげでしょうね。
鉄下駄なRS010からアルテあたりに変えたらもっと楽になるでしょうが、それはもっと乗りこなしてからのご褒美ということでw

 

・ダンシングしても安定する
24インチだと何だかやりづらそうでしたが、今回は後ろから見てても、なかなかの様になってました。ふらふらしなくてやりやすいそうです。小径車は仕方ないですもんね。

 

ヒルクライムが楽になった
いままでより軽く感じるようです。バイクの重量的には変わらないのですが、ホイールの影響が大きいかもしれません。RS010でも軽く感じるほどの、よほどな鉄下駄だったんでしょうな・・・

 

・ブレーキがかけやすい
ST4500ですが、パッドスペーサーを入れてあげてるので、十分に手が届くようです。また、ブレーキのカッチリ感があるので安心とのこと。

 

f:id:KYO-METAL:20170614171946j:plain

 


○客観的な違い

・平地での巡航が30km/hを維持できるようになった
サイコンで確認済みです。以前だと自分から離されてたのが、平気な顔で付いてきました。+5km/h前後は巡航速度が上がった感じがします。そういう意味では、来年8時間160kmの壁(=ツールド国東のAコース)にもチャレンジできそうです(^^;私が走れる自信ないですが(弱

 

・登板速度が上がった
志賀島の休暇村手前の300mくらいの短い登り(10%超)を自分+15秒くらいで登ってきたのが驚きでした。いつもは私に30秒以上離されてた&しんどそうな顔してたのが、ケロっとしてました。
その後の潮見公園ヒルクライムも、タイムが18分⇒15分と大幅に短縮できました!ちなみに私は13分半で自己ベスト(遅
最後の急斜面区間(15%超え)はさすがに辛そうでしたが、以前ほどふらふらすることもなく、適度なダンシングを入れて登ってました。1年前に途中で諦めてUターンしたやつとは思えない成長ぶりですw

 

f:id:KYO-METAL:20170614172541p:plain

 

 

 


という感じで、700Cにすることのメリットは大きいと思います。
140cmくらいになったら、ぜひお子様には700Cを!

kyo-metal.hatenablog.com

徒然なるままに140cmから乗れるロードSCOTT SPEEDSTAR SS サイズXXXXS(4XS) のお話

先日、子供用に購入した700Cサイズのロードのインプレです。

kyo-metal.hatenablog.com

 

140cm ロードバイク SCOTT 4XS

バイクはSCOTT SPEEDSTAR SSという2011年の日本限定モデルで、日本女性向けに
小さいサイズ展開(3XSと4XS)されているものです。

140cm ロードバイク SCOTT 4XS

 

スペックはこちら。(赤矢印が変更点)

フレーム       D.Butted 7005 Alloy Tubing Road geometry Integrated Headtube
フォーク  NEW Speedster Carbon/Alloy 1 1/8" Alloy steerer Integrated
ヘッドセット  Integrated Steel Cup
Rディレーラー  Shimano Tiagra RD-4500
Fディレーラー  Shimano FD-4500
シフター     Shimano ST-4500(2×9s) 8度パッドスペーサー
スプロケ     SRAM PG-950 12-26T
  Shimano HG-50 12-30T(11-30Tの1,2速を12,13Tへ変更)
ブレーキ     Scott Pro SCBR-530 Catridge Pads
  Shimano BR-5800 ブラック 105
クランク     Truvativ TOURO 50x34T 165mm
BB        Truvativ Isoflow/07BB
ハンドルバー   Scott Road Drop Contessa 31.8mm Lady Anatomic 360mm
ステム      Scott Contessa Road OS 1-1/8" 31.8mm 70mm 83度
  BENEFIT ST-52 3D forged アルミステム ±17度(73度) 50mm  (※リンク先は70mmです)
シートポスト   Alloy 31.6mm, w/o offset ※50mmカット
サドル      Contessa VL 4165
ホイール     Rims:Alex Race-28 High Aero Profile 20Front/24Rear  Hub:Scott Comp
  Shimano WH-RS010
タイヤ  Hutchinson Equinox 700x23C
  Continental Ultra sport 700×25C
ペダル Shimano PD-A530
重量 9.0kg  ⇒  8.7kg (ペダル含まず)

 

2世代前の4500系TIAGRAがメインコンポですが、正直何の不満もなく変速してくれます。いつか自分と同じ4700系か、5800系105コンポにしてあげたいと思います。
特にクランクがTruvativ TOURO(読みは通路?太郎?w)で見た目的にも安っぽいですし、なにやら重そうなので・・・

 

 


私にはサイズが小さいですが、借りて少し近所を乗ってみました。

  

140cm ロードバイク SCOTT 4XS

まず思ったのが、乗り心地(とくにサドル)がかなり柔らかい。
これはサドルの造りの違いでしょうね。子供のお尻にはありがたいと思います。

かといって、パワーをかけたときの反応がダルいかと言うとそんなことはないです。
バラクーダRほどガチガチではありませんが、るーべちゃんとなら比較してもそう負けてない出来だと思います。

 

 

140cm ロードバイク SCOTT 4XS

子供の体格的に、ステムをなるべく近く、かつ低くできるように50mmの73度のものにしました。今まで乗っていた24インチとの比較ですが、サドル高もハンドルの遠さもほぼ同じにしています。もう少しサドル高を上げられるようになったら、より前傾姿勢が取れるようになると思います。

 

 

140cm ロードバイク SCOTT 4XS

また、ホイールを手持ちのRS010にしたところ、回転もスムーズになり、速度維持がしやすくなりました。鉄下駄といわれていますが、個人的にはコスパのよい、素晴らしい練習ホイールだと思います>RS010

 

140cm ロードバイク SCOTT 4XS

ブレーキは105(5800系)にしました。言うまでもありませんが、カッチリ効くようになり安心感が全然違います。これくらい効かないとダウンヒルが怖いので、キャリパー交換は必須です。

 

 

 

140cm ロードバイク SCOTT 4XS

最後にペダルとアクセサリ系をつけて完成~

最終的には↑の状態で9.1kgになりました。まぁ、子供用のエントリーとしては十分かなと。当面はこんな仕様で慣れてもらおうと思います。


週末、一緒に走りに行きたいっ。

 


P.S.
700Cになったことで、ローラー台も共有できるようになりましたw

ジュニア ロードバイク ローラー台
子供に練習させやすくなったので、そういう意味でも早い段階で700Cに乗せるメリットはあるかと思います♪

KYO-METALはAmazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

このブログでは、「Google アナリティクス」と言うサービスを利用して、アクセスの解析を行っています。 ファーストパーティ cookie により匿名のトラフィックデータを収集しています。 あくまで「匿名」のトラフィックデータであり、個人の特定などの心配はありませんのでご了承ください。 詳細については、Googleのプライバシーポリシーをご覧ください。 ちなみに、それらのデータはブログの質などの向上の為に利用しています。